2012年02月17日

映画「ミラーズ・クロッシング」のご紹介3

51ywRhXWUCL__SL500_AA300_.jpg

映画ミラーズ・クロッシングを見た私の個人的な感想

コーエン兄弟最高傑作との呼び声も高いだけに、ストーリーから音楽、カメラワークまで相当作り込まれています。脚本がとにかく素晴らしく、登場人物も個性的なキャラだらけで最高です!普通のギャング映画とは一味違ったギャング映画をご覧になりたい方は、是非ご覧になって見て下さい。

凄まじくも美しい、映画史上に残る銃撃戦は見ものです。

今日は、その映画史上に残る銃撃戦と言われたシーンで使われたこの曲をお聴きください。

Danny Boy - Frank Patterson

ラベル:映画 ギャング DVD
posted by ターボー at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。