2012年02月17日

勝手にハリウッドニュース

imagesCA42N777.jpg

「ボディガード」のケビン・コスナーがホイットニーの葬儀で弔辞へ

映画『ボディガード』(92)でホイットニー・ヒューストンと共演したケビン・コスナーが、2月18日(土)に営まれる彼女の葬儀で弔辞を述べる、と米ピープル誌が伝えている。

これは、葬儀の内容を知る関係者が同誌に明かした情報だそうで、ケビン・コスナーは同作で女優デビューを果たしたホイットニーの最初の相手役だっただけでなく、プライベートでも親しい友人として交際を続けていたという。

また、昨年2月にワーナー・ブラザーズが発表した『ボディガード』のリメイク製作の準備も予定通りに進んでいるそうで、英国の業界情報サイトVultureによれば、完成したリメイク版の脚本がプロデューサーのダン・リンの下に届いたのが、皮肉にもホイットニーの死の2日後だったらしい。リメイク版では、ケビン・コスナーが演じたボディガード役は、イラクで戦った元米軍兵士というキャラクターになっているそう。21世紀という時代を反映させて、ツイッターやゴシップ・コラム、TMZなどのセレブリティー・ジャーナリズムやソーシャル・ネットワーキングもストーリー展開に絡んでいるという。主演女優はリアーナが有力視されていたが、昨年、本人がOK!誌で出演を否定しており、ここに来てグラミー賞授賞式で「オールウェイズ・ラブ・ユー」を熱唱したジェニファー・ハドソンの名も囁かれているようだ。

18日に米ニュージャージー州の教会で営まれるホイットニーの葬儀では、アレサ・フランクリンやスティービー・ワンダーも歌うことになっていると米CNNは伝えている。
posted by ターボー at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。