2012年02月10日

勝手にハリウッドニュース

mc.jpg

マコーレー・カルキン、激ヤセぶりに重病説 パブリシストは否定

マコーレー・カルキンがニューヨークの街を歩いているところを写真に撮られたが、そのやせ細った姿に重病説が持ち上がった。

ETオンラインが掲載した写真には、ひげをはやし、ほほのこけたマコーレーが写っているが、同サイトはあまりの姿に健康状態が懸念されると記載。しかし、これを知ったマコーレー側は無責任なコメントをするなと言ってきたという。彼のパブリシストによるとマコーレーは健康体で、何らかの病気であると憶測するのは軽率で見境がなく、無責任な行動と指摘。これ以上このようなウワサを広めるなと注意をしたらしい。

 最近は映画でみかけないマコーレーだが、2013年に封切られるイギリス映画『サービス・マン(原題) / Service Man』に出演するとのウワサが出ている。同作品は現在脚本が書き直されているため、クランクインはしていないが、軍を舞台にしたアクション・コメディ映画になる予定だという。出演が決まれば、2007年の映画『男と女の不都合なセックス事情』以来の映画となる。

imagesCAWS3369.jpg

こんなに可愛かったマコーレーがどうしたんだよ!?
posted by ターボー at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

映画「紅の豚」のご紹介2

kurenai.jpg

映画紅の豚の内容

イタリア・アドリア海で飛行艇に熱中する、4人の少年とひとりの少女がいた。彼らはともに大空をめざした。やがて少年たちは戦火の中に、ひとりは青い海に、もうひとりは荒野の果てに、それぞれ手の届かないはるか彼方へと消えていった。そして残されたのは少女と、ひとりの少年。その少年も自らに魔法をかけて、人間であることをやめた・・・。

今日は、この映画紅の豚のエンディングテーマで、歌手の加藤登紀子さんが歌う、この曲をご紹介させていただきます。

ちなみに、加藤登紀子さんは「ジーナ役」として声優もされています。

時には昔の話を / 加藤登紀子

posted by ターボー at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

映画「紅の豚」のご紹介1

kurenai.jpg

今回ご紹介する映画紅の豚です。

監督: 宮崎駿

kurenai1.jpg

この映画の内容は次回・・・

映画紅の豚予告



ラベル:映画 ジブリ
posted by ターボー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「WILD HOGS / 団塊ボーイズ」のご紹介3

wild hogs.jpg

映画WILD HOGS/団塊ボーイズを見た私の個人的な感想

この映画は、4人の中年オヤジが、冴えない日常から逃れようと、ハーレーダビッドソンでアメリカ横断3200キロの旅へ出るという、ほのぼのロードムービーです。

少年時代に戻ったかのように、はしゃぎまくるオヤジたちの姿が非常に心地よく、広大な大地をハーレーで走っているのを見ているだけで「こんな旅がしてみて〜」と思ってしまいました。

個人的には、極悪バイカーチーム「デル・フエゴス」のリーダー役を演じたレイ・リオッタとその親父役を演じた、あの伝説のバイク映画イージー★ライダー」でお馴染みピーター・フォンダが激シブで最高でした。

最後にピーター・フォンダが4人の団塊ボーイズたちに「走るなら本気で走れ!」と語りかけるシーンはカッコ良すぎます。

ハーレーファンはもちろんですが、バイクに興味がない方も何かを感じられるいい映画だと思いますので、まだご覧になっていない方は是非見てみて下さい!

映画WILD HOGS/団塊ボーイズ予告

posted by ターボー at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

映画「WILD HOGS / 団塊ボーイズ」のご紹介2

wild hogs.jpg

映画WILD HOGS/団塊ボーイズの内容

アメリカの閑静な住宅街に暮らす、一見ごく普通の男たち。実は彼らは人生にどっぷり煮詰まっていた。実業家のウディは妻に逃げられ自己破産。ダグはストレスを溜め込んだ歯科医でワイルドだった昔の面影ゼロ。自称小説家のボビーは家では粗大ゴミ扱い、パソコンオタクのダドリーは運命の恋を夢見るも、完全に恋愛運に見放されていた。そして彼らは全てを捨てて、愛車のハーレーで気ままなロード・トリップへ旅立つが…。

次回は、この映画を見た私の個人的な感想です!
posted by ターボー at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

映画「WILD HOGS / 団塊ボーイズ」のご紹介1

wild hogs.jpg

今回ご紹介する映画は、ほのぼのロードムービーWILD HOGS/団塊ボーイズです。

2.jpg

監督: ウォルト・ベッカー

出演: ジョン・トラボルタ, ティム・アレン, マーティン・ローレンス, ウィリアム・H・メイシー, レイ・リオッタなど

1.jpg

この映画の内容は次回・・・

posted by ターボー at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手にハリウッドニュース

16.jpg

エディ・マーフィ自動車事故で死亡との報道を弟がツイッターで否定
エディ・マーフィがオーストラリアで自動車事故に遭い、死亡したとの報道がネットで流れたが、弟のチャーリー・マーフィがこれを否定した。

 Usマガジンによると、エディが休暇を過ごしていたオーストラリアで自動車事故を起こし死亡したとグローバル・アソシエイテッド・ニュースがホームページで報じたとのこと。しかし、よく見ると、サイトには小さな文字で、「この記事は100パーセント偽物! このホームページはエンターテインメント目的のためのフィクションを掲載しており、まったくのウソです」と書かれているのだ。

「兄は元気だ。こういうウワサを出し始める人間というのは本当に腐っている。注目を集めるために自分をそこまで貶めるなんて驚くよ。エディ・マーフィは元気だ!」とチャーリーはツイートして彼の無事を知らせた。このサイトはカントリー歌手で女優のレバ・マッケンタイアがオーストラリアで登山中に死亡したとの偽記事を先週掲載し、一騒ぎ起こしている。

勝手にエディーを殺すなよ!

エディ・マーフィ最新作 / 映画ペントハウス予告

posted by ターボー at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

勝手にハリウッドニュース

demi.png

デミ・ムーア、ユタ州のリハビリ施設に入所

デミ・ムーアがユタ州サンダンスにある高級リハビリ施設サーク・ロッジに入所したという。

 「完全に隔離された状態で、決まった数人の人としか接していません」と、施設関係者はE!オンラインに語り、依存症と摂食障害の治療を受けていると言っている。何の依存症かは明らかではないが、デミは過去に処方せん薬に依存していると報道されたことがある。

 「自分のストレス対処方法ではどうにもならないと彼女も気づき、助けを求めることにしたんです」と関係者はコメント。デミは2日間の入院騒動後、すぐにユタ州の施設に入ったらしく、これが事実だとすると、ブルース・ウィリスやアシュトン・カッチャーがデミの自宅に見舞いに訪れたと言われている日に彼女はユタ州にいたことになる。デミのスポークスマンはリハビリ施設入所についてコメントをしていない。

この曲を聴いてアナタが一番輝いていた、あの頃を思い出すんだ!頑張れデミ!!

Righteous Brothers - UNCHAINED MELODY



posted by ターボー at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「トップガン」のご紹介3

top gun.jpg

映画トップガンを見た私の個人的な感想

この映画は、トム・クルーズの出世作で青春映画の傑作です。私が初めて見たのはまだ小学生の頃でしたが、とにかくトム・クルーズがカッコ良くて何度も見た記憶があります。F14の空撮映像や敵機との交戦シーンは最近の映画と違って、CGなどに頼らずにほとんど実写を使って制作されていますので迫力満点でリアル感全開です!そして映像もさることながらサントラも最高で、映像をサウンドがさらに盛り上げて最高の作品に仕上がっています。まだご覧になっていない方は、この映画を見てエースパイロットになった気分を味わって下さい。

今回は、トム・クルーズケリー・マクギリスのしっとりとしたラブシーンを盛り上げて、アカデミー主題歌賞を獲得した、甘く切ないラブソングをご紹介させていただきます。


Berlin / Take my breath away

posted by ターボー at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

映画「トップガン」のご紹介2

top gun.jpg

映画トップガンの内容

アメリカ海軍のF-14トムキャットを駆るエリート中のエリート、トップ1%に入るパイロットを、別名「トップガン」と呼ぶ。その仲間入りを果たした粗野なパイロット、マーベリック(クルーズ)が、女性教官との恋や親友の死と挫折を乗り越え、真のトップガンになるまでを描く。

今日は、この映画のサントラの中から、激アツなこの曲をご紹介させていただきます。

Top Gun / Highway to the Dangerzone



次回はこの映画を見た私の個人的な感想です。

posted by ターボー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。